ミツワ紙工所 会社概況書

会 社 名     株式会社ミツワ紙工所(ミツワシコウジョ)
代 表 者     須藤 信太郎 (1952年7月24日生まれ 59歳 東京都)
本店所在地     東京都台東区蔵前 2丁目4番5号   〒111-0051
創   立     昭和20年10月1日
資 本 金     5、000万円
年   商     4億8、300万円(平成29年9月 第67期 実績)
決 算 期     9月
株   主     ネクスタ株式会社 100% 

沿    革
昭和20年10月   創業者 須藤安太郎個人組織にてミツワ紙工所を創立
昭和26年2月    株式組織に改め資本金30万円とする
昭和31年      小売部新宿店開設
昭和34年      中野にて東京工場操業開始、併せて、資本金を500万円に増資
昭和37年      埼玉県所沢にて所沢工場操業開始
昭和42年6月    資本金1、000万円とする

昭和50年10月   創立30周年 代表取締役社長 須藤安太郎が代表取締役会長に就任
            専務取締役 須藤良太郎が代表取締役社長に就任
昭和62年      所沢に新倉庫建設、東京工場の所沢移転、中野は物流センターとなる
平成1年       資本金1億円に増資
平成2年       本社営業部を中野に移転
平成5年       新工場用地として宮城県矢本町に用地取得
平成6年3月    矢本第一期工事スタート ニューロング社製 127T、412FF 新規発注            
平成6年10月1日 矢本工場第一期工事完成操業開始 創業50周年
            中期経営計画「矢本立上三ヵ年計画」スタート
平成7年3月    矢本第二期工事スタート 原紙倉庫、製品倉庫、厚生棟建設
            所沢工場の機械をニューロング社によりリストア作業後 矢本に移動       
平成7年10月    所沢工場の 宮城移転完了 子会社 株式会社ミツワ封筒設立

平成7年11月    須藤信太郎が代表取締役社長に就任
            第二の創業プロジェクト 開始
            組織を製造部、営業部、管理部の三部制に集約し各部長は4年毎にローテーションをする
            壮大な第二の創業 12年計画がスタート

平成7年12月    所沢工場跡地 850坪の売却完了    
平成9年10月1日 中期経営計画「新生三ヶ年計画」スタート 新宿京王プラザで決起大会実施
平成10年8月    本社を 中野より 新宿に移転(旧 新宿店建物2階、3階)
             営業部、管理部を新宿に集約 「コンパクト&クイック」を実現させる 
平成10年10月1日 第二の創業 12年計画の最初の4年が経過 約束の部長交替が実施される

平成11年10月1日 中期経営計画「MIZWA21 中期五ヶ年計画」スタート 松島一の坊で決起大会実施
             「仕掛&挑戦」をテーマに 自社製品以外の商品の企画、販売力を強化する
平成12年12月   本社建物の全面塗り替えに伴ない www.mizwa.com 作戦をスタート
             「mizwa」を商標登録する
平成17年10月   『MIZWA X』中期3年計画 START 製造機能徹底強化を柱に事業再構築を進める
平成18年 5月   文具小売から撤退する 
             矢本工場の年間351日稼動体制をスタートさせる
平成18年 7月   本社を移転 旧本社は売却し借入負担の圧縮と製造部門強化ファンドを立ち上げる
平成19年 5月   ISO9001:2000の認証取得に向けて キックオフ
             QCサークル活動、5S運動の開始
平成19年 9月   役員改選 須藤良太郎 取締役会長を辞任 特別顧問に就任
             斎藤公孝 管理部長 取締役に就任
             監査役 須藤紀子 辞任 大渕和夫 監査役に就任
平成19年12月   ISO9001:2000 認証取得
平成20年10月   『MIZWA Y』中期3ヵ年計画 START 
             株式会社第60期を迎えるにあたり100年企業への挑戦を掲げる
平成20年12月   第一回 ISO9001サーベイランス実施 第二回QC活動 発表会
平成22年 4月   監査役 大渕和夫 辞任 門馬泰也 監査役に就任
平成22年 6月   民事再生手続き開始申立(東京地方裁判所 平成22年 第76号)
平成23年 3月   3、000万円の資本減資、5、000万円の資本増資 実施
             ネクスタ株式会社 野村副社長 取締役就任
平成23年 3月11日東日本大震災 被災 1ヶ月間の操業休止
平成23年 4月   再生手続き終結 ネクスタグループ傘下企業として 再スタート
平成23年10月   再生中期三カ年計画(中期計画 MIZWAZ)スタート
平成24年 7月   ネクスタグループ100周年 記念事業(北海道・洞爺湖)参加 

平成26年 11月    本社 台東区蔵前に移転 



事 業 所
本社 営業部     東京都台東区蔵前 2丁目4番5号   〒111-0051
             電話 03(5809)1214 FAX 03(5809)1968
宮 城 工 場    宮城県東松島市大塩字緑ヶ丘4−5−1  〒981−0505
             電話 0225(82)6170 FAX 0225(82)6238

役   員       代表取締役社長  須藤信太郎
             常務取締役     菅原 三也
             取締役管理部長  斎藤 公孝
             取締役(非常勤)  伊地知康二(ネクスタ株式会社 代表取締役社長)     
             監査役        矢代 英則
             製造部長       佐藤 欣央

主要設備       ニューロング製輪転角底製袋機 6台、同 自動手付機 3台
            フレキソ印刷機 3台、輪転印刷製袋機 4台、他 関連機械

月産能力       約 1,000万袋

従業員数       男20人    女12人   計39人 (役員、アルバイトは除く)  平均 年齢36歳


営業品目       紙製手提袋、角底袋、書籍袋、貼合せ大形手提袋、事務用封筒、
            大形封筒、各種化成品、及び関連印刷
            洋紙、包装資材、文房具 他

取引銀行       三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店

主なる仕入先     旭洋紙パルプ様、東洋インキ東北様、福助工業様 他

主なる販売先     三越伊勢丹様、サッポロビール様、主婦の友社様、小学館様、
             集英社様、産経新聞社様、山形新聞社様、河北新報社様
             ネクスタグループ様、ザ・パック様、スーパーバック様、

業務近況 :     平成23年3月11日 想像を遥かに超える巨大地震とその後の津波被害、連鎖して引き起こされた福島の原発事故。株式会社ミツワ紙工所は平成22年6月の破綻から再生に向けた努力を続け、ネクスタグループ傘下企業として新たなスタート台に立った日に東日本大震災が発生致しました。幸い被災地の真ん中に位置します弊社矢本工場は工場施設、従業員は無事でしたが、住まいや大事な家族を失い、再起に多大な困難を背負う従業員が出ました。震災より一年が経過致しました、これまでに頂きました多大なご支援、心より感謝申し上げます。
 平成29年10月、MIZWA9 という9回目の中期計画がスタート致しました。『次代を見据えて』と銘打って、 『ミツワ紙工所』 は ネクスタグループの目指す『次の100年へ!』 向けて 歩みを続けています。地域に貢献しお取引先様に喜んで頂ける企業と成るべく 成長をしてまいります 。
 70年の歴史を大事にすると共に、ネクスタグループの文化と企業方針に沿った 事業の再構築を目指します。
 品質目標 『ご安心下さいMIZWAがお作り致します』 を基本方針として 助けられる から 助ける事のできる企業となって参ります。
 新たに仙台に営業拠点を新設致しました、東北地方の市場開拓をグループ挙げて進めます、『がんばれ東北!』のキャッチコピーを掲げて東北経済再興のために 地元企業と連携した企業活動を展開して参ります。今後共 ご指導、ご支援宜しくお願い申しあげます。

ライン


MIZWA INDEX PAGE
メール アイコン
ご意見 BOX
トップ アイコン
MIZWA TOP

ライン